Chapter 12 – 麺屋 一楽 Menya Ichiraku

濃厚鶏白湯だ!一話の三歩一 Sanpoichi以来久々の鶏白湯だけど、やっぱラーメンの中で一番好きな種類かも。翌日はもう日本を出てアメリカに帰ってしまうので、しめに最高に相応しいんだ。「麺屋 一楽」という、神楽坂・飯田橋のあたりにあるラーメン屋さんで、昔の会社のオフィスと留学時代のホームステイ先に近いから、すでに二、三回くらいは来たことがある。なんか看板の名前を見てたら初めに思い浮かんだのはナルトが一番好きなラーメン屋さんだね。確かにあれも一楽の気がするww。

Continue reading “Chapter 12 – 麺屋 一楽 Menya Ichiraku”

Chapter 11 – 巌哲 Gantetsu

Last two weeks have to be the most hectic I’ve been in a long time. Both with more responsibilities at my day job, and definitely the opening of my own restaurant, Lily’s Creperie. Luckily, things have calmed a little as we have most of the paperworks done now. I will post another article on the restaurant with more detail soon, so please look out for it!

Continue reading “Chapter 11 – 巌哲 Gantetsu”

Chapter 10 – うだつ食堂 Udatsu Shokudo

今週は時間が経つのがすごく早かった。来週7月5日(火)にクレープ屋を開店する予定なのだけど、未だにビジネス保険と雇用保険の見積もりを待っている。しかし、今日の終わりまでにそれが出てこなければ、大家さんに家賃を振替することができないので、しかも7月4日が休みだから、火曜日にオープンできなくなっちゃう。そしたら、開店日は先延ばしになる。神様、どうか今日の終わりまでになんとかしてください。

Continue reading “Chapter 10 – うだつ食堂 Udatsu Shokudo”

Chapter 9 – Jiro 次郎

禮拜五一早六點就到了公司。在快到公司距離兩分鐘的路程上,老闆S打了通電話給我,問說今天是夏威夷衫日,有沒有穿來上班。我說討ㄍㄟ,挖攏賣搞阿捏(台)。 結果他還特地借給我他的襯衫。新公司在總部的只有大概30個人。而這一個月我也跟大家越混越熟,與其說是同事,更不如說是朋友。像是下班後一起打球,或是前陣子NBA總冠軍賽會一起看球。真的是間狠好的公司。公司由上到下彼此都很互相尊重。而當你的社員都和樂融融,高高興興的時候,你的公司自然而然就會成功。話說我的可麗餅店再兩個禮拜就要開店,希望可以效仿這樣的文化一樣成功。 Continue reading “Chapter 9 – Jiro 次郎”

Chapter 8 – 麺尊 RAGE

今週は自分にとって大きくてめでたいニュースがありまして、それはやっとクレープ屋さんを買ったのです!!!実はもう去年の年末から友達兼ビジネスパートナーの二人と計画してて、カリフォルニア州に会社登録したり、レストランに適切そうな店舗を色々見たり、フランチャイザーと話したり、弁護士に相談を乗ってもらったり、会計士を探したり、とにかく色々頑張ってきた。それで、ようやく今週の初めに店舗の大家さんとクレープ屋現在の経営者こと売り側と契約を結んだ。これからはどんどん忙しくなりそうだけど、これで経済自由になる第一歩を踏み出したから、本当に本当に嬉しくて仕方がない。 Continue reading “Chapter 8 – 麺尊 RAGE”

Chapter 7 – 道玄 Dougen

新工作已經做了三個禮拜,也稍微穩下來了。這週末我將要跟日本朋友的M醬還有她的朋友跟同事四個人一起去Napa Valley品酒~!這應該是從亞洲回來一個多月後第一次碰酒吧!上上禮拜才剛去San Diego,上禮拜又有兩個朋友的生日派對,看來這個禮拜又要繼續破費了。真希望發薪日趕快來…

Continue reading “Chapter 7 – 道玄 Dougen”

Chapter 6 – 人類みな麺類 Jinrui Mina Menrui

Jinrui Mina Menrui. The name literally translates to “All Humans Are Noodles”. Following last week’s “Osaka-style Ramen”, this week is another Osaka ramen again. Different from Araumadou however, this one is truly one of a kind, and can truly represent Osaka (even on an international stage, I believe). I remember I was on my way to a friend’s for the night. When I got off the Nanpo station in Osaka at 10pm, I saw a huge line along the wall of the station. At first, I thought it was a line for a club or something, but it turned out to be for this ramen shop! How crazy is that? I am sure you can tell from the picture already – the line was bizarreeely long. Continue reading “Chapter 6 – 人類みな麺類 Jinrui Mina Menrui”

Chapter 5 – あらうま堂 Araumadō

時間は5月28日、土曜日、午後12時18分。今はサンディエゴのホテルのベッドに座ってる。昨日仕事終わったら、友人のMさんとRさんとロードトリップできた。十時間の運転でさすがに疲れた…まあ、若いうちにいっぱいばかなことしといた方が老後は後悔しないどろうなww。てか、一週間目の仕事はとりあえず無事に終わった。前の仕事と違って、今回こそはほんっとに好きな仕事見つけた気がする!!(<–ここまで書いてホテル出ちゃった)

Continue reading “Chapter 5 – あらうま堂 Araumadō”

Chapter 4 – 大勝軒 Taishoken

Times flies -it’s been one goooood, loooong a month and a week vacation. It is almost too long that at times I feel like I became an useless person already. But I’m happy to say I’m free of jetlag, fully recharged and excited to start working again on Monday! Continue reading “Chapter 4 – 大勝軒 Taishoken”

Chapter 3 – 俺式 Oreshiki

アメリカに戻り、あっという間に四日間も経った今、未だに時差ボケと激闘中だ。最近は一日4、5時間単位で2、3回ぐらいも寝て、合計は8時間以上も行ってるけど、睡眠の質はほんとに最悪だ。仕事の一日目を来週の月曜にしてほんとに助かった!まあ、今夜生のNBAのPlayoff観に行くことになったから、今はめっちゃわくわく!!!しかもConference Finalsは初めてだし、しかもかなりリーズナブルな値段で買えたから、ホントは今日は仕事向けてそろそろ勉強し始めるはずだったんだけど、今年最後の生NBAだから、まあいいかw。

Continue reading “Chapter 3 – 俺式 Oreshiki”